【通知は任せて】PowerAppsの操作のみでメールやチャット、タスク割り当てを行う

通知 メール アイキャッチ




こんにちは、今日もPowerAppsなあんこ先生です。

アプリの操作結果を、ユーザーやグループに通知したいことありませんか?

あわよくばタスクを割り当てられたら便利だなって

でもPowerAutomateは苦手って人多いですよね。

実はそれ、アプリから直接行えますよ。

上司に切り出しにくい案件も、ボタンひとつでアプリが肩代わりしてくれます。

今回はそんな機能を紹介します。

こんな人にオススメ

  • PowerAutomateは苦手
  • 即時に通知したい
  • 気になるあの子にアプローチしたい

今回紹介するのは、PowerAppsからメール送信、チャット投稿、タスク割り当てを行う方法です。

アプリから直接行うため、面倒なPowerAutomateの設定はいりません。

また、面倒なメール作成などから解放されます。

生産性の向上はもちろん、伝達忘却を防げるため、業務品質にも貢献できますね。

きっと上司に評価されることでしょう!

メール送信は別段問題ありませんが、TeamsやPlannerはアプリを操作するユーザーがそのグループの権限を持っていないと機能しません。
権限がない場合は、PowerAutomateで代理操作してください。

01│メール送信で通知

メール送信機能

Office365Outlookコネクタを接続することで、アプリからメールを送信できるようになります。

使うアクションはたったひとつ、SendEmailV2です。

構文とパラメーターは次の通りです。とってもかんたん。

なお、3つのパラメーターはすべてテキストなので二重引用符で括ります。

Office365Outlook.SendEmailV2(“アドレス”,”タイトル”,”本文”)

直接入力すると次の通りです。

Office365Outlook.SendEmailV2(“xxx@xxx.com”,”こしあんについて”,”おいしいですよね?”)

また、汎用性を持たせるためにコントロールや変数を割り当てることもできます。

その場合、二重引用符は不要です。

Office365Outlook.SendEmailV2(TextInput01.Text,_Title,HtmlText1.HtmlText)

本文にHtmlTextコントロールを使うと、色や改行を確認しながら作成できるのでオススメです!

Office365Outlookコネクタの使い方はコチラをご確認ください。

引用元:Office 365 Outlook – Connectors | Microsoft Docs

メールの宛先

毎回特定の人にメールするのであれば、メールアドレスを調べて埋め込みます。

とはいえ、宛先が日によって変わったりするのが実情ですよね。

そんなとき、便利なのがOffice365グループコネクタです。

これをGalleryコントロールと組み合わせれば、グループに参加しているメンバーの一覧をかんたんに作成できます。

その一覧から選択したメンバーのメールアドレスを参照させるだけです。

使うアクションはたったひとつ、ListGroupMembersです。

構文とパラメーターは次の通りです。これまたかんたん。

なお、パラメーターは1つすが、テキスト型なので二重引用符で括ります。

Office365グループ.ListGroupMembers(“グループid”).value

ここで指定するグループidは、TeamsかPlannerをブラウザで開き、アドレスバーから取得します。

下図の例ではgroupid=のあとから、&planidの前までですね。

このidをListGroupMembersに埋め込むと下図右側のギャラリーが作成できます。

そこで、宛先にGallery.Selected.mailを使えば、選択した相手のメールアドレスができますね。

Office365グループコネクタの使い方はコチラをご確認ください。

引用元:Office 365 Groups – Connectors | Microsoft Docs

02│Teamsのチャットに発言

つづいてはTeamsのお話です。

MicrosoftTeamsコネクタを接続することで、アプリからチャットに発言できるようになります。

使うアクションはたったひとつ、PostMessageToChannelV3です。

構文とパラメーターは下記の通りですが、今回はちょっと複雑です。

MicrosoftTeams.PostMessageToChannelV3(
    "グループid","チャネルid",
    {content:"本文",contentType:"TextかHtml"},
    {subject:"タイトル"}
)

グループid=チームidです。チャネルidも必要になります。

下記記事で紹介している方法ならかんたんにidを確認できますので、併せてお読みください。

アイキャッチ

各種プロパティには、コントロールや変数を割り当てることもできます。

MicrosoftTeams.PostMessageToChannelV3(
    "59c9ba54-2dea-4546-acaf-ecc3815a1666",
    "19:T0DBChdBA6ubqUfufAj6L5feEujvslO903-x_KeHbR01@thread.tacv2",
    {content:HtmlText1.HtmlText,contentType:"Html"},
    {subject:TextInput02.Text}
)

これを実行した結果、次のにように発言されます。

なお、発言者はアプリのユーザーになります。

チャット投稿はグループに所属するメンバー全員が確認できるので便利ですよね。

MicrosoftTeamsコネクタの使い方はコチラをご確認ください。

引用元:Microsoft Teams – Connectors | Microsoft Docs

03│Plannerのタスクを割り当て

最後に、Plannerのお話です。

Plannerコネクタを接続することで、アプリからタスクを割り当てることができます。

使うアクションはたったひとつ、CreateTaskV4です。

構文とパラメーターは下記の通りです。

なお、このアクションはパラメータが多数ありますが、今回は最低限のものだけピックアップしています。

Planner.CreateTaskV4(
    "グループid",
    "プランid",
    "タスク名",
    {
        bucketId:"バケットid",
        dueDateTime:"期限",
        assignments:"割当者id"
    }
);

グループidはブラウザのアドレスバーから確認できます。

プランidとバケットidは下記記事で紹介している方法でかんたんに確認できますので、併せてお読みください。

アイキャッチ

割当者idはメール送信で紹介したOffice365グループ.ListGroupMembersから取得するとかんたんです。

すべて埋めると下記のようになります。

Planner.CreateTaskV4(
    "e45c7a9e-dff2-47c6-8daf-f947305ef263",
    "3iqhQ7n06EapJS3cpDmcwvoAGd3Y",
    TextInput02.Text,
    {
        bucketId:"f5jpsl9tLE2v_R-ur5nmBfoAB1_W",
        dueDateTime:Today(),
        assignments:Gallery2.Selected.id
    }
);

実行すると下図にようにタスクが割り当てされます。作成者はアプリのユーザーになります。

タスクに割り当てると、そのあとのアクションが可視化できて追いかけやすいですね。

Plannerコネクタの使い方はコチラをご確認ください。

引用元:Planner – Connectors | Microsoft Docs

04│まとめ

今回の記事では

  • アプリ操作だけで、メールやチャット、タスク割り当てまでできる
  • idさえ調べてしまえば、設定はとてもかんたん
  • PowerAutomateは使わなくても大丈夫

という内容でした。

通知ができるとアプリ作成の幅が広がりますね。

本記事を参考に、さっそく実装してみてください。

アイキャッチ
アイキャッチ

ご支援よろしくおねがいします

この記事を気に入ってくださった方、寄付してあげてもいいよという方がいらっしゃっいましたら、ご支援いただけると助かります。

下記リンクからAmazonギフト券で、金額は15円からお気持ちを入力してください。

受取人のメールアドレスは amazon@anko7793.com までお願いします。

メッセージもいただけるとたいへん喜びます。

よろしくお願いします。

Amazonギフト券(Eメールタイプ) 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
七草あんこ
非IT系中間管理職やってます。社命によりoffice365を主軸とした業務改善プロジェクトメンバーに任命されたことでPowerAppsと出会えました。いまではビジネス・プライベートを問わず、欠かせないツールになっています。導入初期やアプリ作成時に遭遇した諸問題の解決法とサンプルアプリの作り方を紹介していきます。主にTwitterで情報収集しているので不明点など呟いているとお邪魔するかもしれません。